前へ
次へ

社会保険にも加入できる派遣社員

仕事探しをする時には、福利厚生が重視される事もあります。
福利厚生やリクレーションなどが充実しているかどうかを基準に、仕事を探している方も少なくありません。
もちろん福利厚生の充実度は、企業によって異なります。
大手の会社などは、全体的に福利厚生は充実している傾向があります。
ちなみに企業によっては、従業員の福利厚生を充実させるのは難しいケースもあります。
例えば社会保険です。
会社で勤めていれば、社会保険には原則加入できます。
しかし経営状況があまり芳しくない企業ですと、社会保険に加入できないケースもありますから、注意が必要です。

自力で処分するのが難しい不用品は多少お金がかかっても不用品回収業者に依頼する方がお得です。大量のごみや大きなごみは自治体に回収してもらうと高額になる場合もあるので、格安で対応してくれる専門業者を利用してみましょう。
仙台・埼玉エリアで人気の不用品回収業者 リサイクルマーケット
http://recycle-m.com/

ところで派遣という働き方の場合は、基本的には社会保険に加入する事はできます。
社会保険だけなく、全般的に福利厚生が充実している会社も多いです。
かえって正社員よりも福利厚生が充実しているケースもあります。
その主な理由は、取引先です。
派遣会社は、全体的に大手の企業と取引している傾向があります。
色々お金の問題があって、大手の企業と取引しておく方が無難な傾向があるからです。
そして大手の企業は、総じて福利厚生も充実している傾向があります。
大手の会社であれば、基本的には社会保険にも加入する事ができます。
ただし注意を要する点もあって、勤務期間などに左右される一面はあります。
この出向の働き方の場合は、勤務する期間は若干短めになる事があります。
3ヶ月や半年などでなく、1ヶ月程度になる出向先もあります。
短期雇用になる出向先もありますが、勤務している期間があまり長くない時には、社会保険に加入できないケースが多いです。
というのもその保険には、加入の要件があります。
少なくとも3ヶ月程度の勤続年数が確約されていない限りは、原則として加入できません。
また労働時間に関する条件もあります。
パート勤めのように、労働時間があまり長くない時には、加入するのが難しくなるケースもあります。
ですから福利厚生や社会保険が気になる時は、雇用期間や時間などをよく確認しておく方が無難です。

Page Top